フランチャイズというものを見てみると

一般的にフランチャイズという経営形態は、ファミレスとかコンビニなんかで使われているものでして、店長になっている人にお店の場所を提供してもらい、ノウハウを教えてチェーン展開していくというスタイルが普通になっています。
これは、昔から行なわれていた経営のやり方でして、全国展開するのに有利なやり方といわれています。
実際に自分の家がコンビニになったりするという人はけっこういたと思いますけど、確かにこの手の形態のお店というのは急激に増えた時期がありました。
これは、こういう経営の仕方をするということが利にかなっているということがあるわけでして、食品関係のチェーン店なんかは特にそういうことがわかりやすい形であらわれていたと思われます。
大量消費がおさまって、倹約とかエコとかが叫ばれるようになっても、この手のチェーン店は一時はなりをひそめるということがありましたけど、たくみにその時流をつかみ、しっかりとした経営をしているということがありますから、かなり臨機応変に対応できるものだと思っています。