会議の効率が上がる会議室

会議室の目的といえばもちろん会議を行うということです。
会社にいるとほとんど毎日のように会議があります。
最近では会議の効率化、会議の生産性向上が非常に重要となっています。
会議に出席したけど、ついついうとうとしてしまうということって結構ありますよね。
狭い会議室に多くの人がすし詰め状態となって会議をすると、部屋の温度は上がってしまうし、また酸素濃度が低下してしまうので、眠るなって言っても無理です。
しかも最近では会議の中心となるのはパソコンとプロジェクターということが多いので、部屋を暗くすることが多いので、さらに睡魔を会議室に呼び込んでしまっています。
効率的で生産性が高い会議とするためにも、環境のよい会議室、リラックスして集中できる会議室があったらいいなと思います。
適切な空調が効いている会議室、空気清浄機などが設置された会議室、また照明が適切に配置されている会議室、などがあったらいいなと思います。
リラックスするためには椅子のすわり心地も非常に重要です。
これらを実現するためには多少の投資が必要と考えられますが、これらを導入することによって会議の効率が上がることを考慮すると、コストパフォーマンスに優れた投資であると思います。