理想の会議室

ビジネスシーンや組織体にとって、会議とは大事な場です。
社員や構成員は、普段は業務に忙殺されており、なかなか意見交換の場が
もちにくいのが現実です。
大事なプロジェクトが、十分な連絡を取らずに、誤った阿吽の呼吸で
進んでしまうことも、わが国では珍しくない現状です。
好意的な見方をすれば、社員同士のアイコンタクトや
前例を参考にするなどして、暗黙知で、物事を進めることが
日本人は得意ですが、それがトラブルやミスを生む土壌にもなりかねません。
それを防ぐためにも、会議という存在は大切です。
十分に行う意義があります。
社内でも、経費削減などで、実のところ、粗雑に扱われてしまっているのが会議室の存在です。
わが国では、会議内容も、予定調和で執り行われるケースも多く、会議室を大事にする意識が
低いのかもしれません。
有意義な会議を展開するためには、クーラーや暖房、加湿器、インターネット設備、
果てはお茶、お菓子といった人間的なツールを完備されていることが望ましいと思います。