会社設立をスムースに行うには

会社設立をスムースに行うには、税理士や行政書士などのプロの手を借りるのがいいでしょう。
彼らに定款の作成や登記の手続きなどの諸々の煩雑な手続きを代行してもらえれば、自分は設立したあとの会社の事業展開や経営をどうするか、といったことに集中することができます。
会社設立を1から自分で行うとなると、12時間くらい独学をしなければならない上、手続きの不備、書類の書き間違いなどに悩まされてしまうことでしょう。
特に、会社設立にとって一番大事な最初の定款は、原則書き間違いなどがあってはならないものですから、万が一記入間違いがあった場合は煩雑な手順を踏んで修正しなければなりません。
ですので、新しく会社を立ち上げるにはプロのサポートを受けるのが一番だと私は思います。
今は、資本金と発起人の印鑑証明、取締役の印鑑証明と会社の印鑑があれば、手数料約2万円で諸々の手続きを代行してもらえる税理士の事務所もあります。
定款を電子定款にすれば、4万円も設立費用が浮くのも魅力的ですね。
さらに、依頼すれば印紙代4万が浮く、とうたっている税理士や行政書士の事務所も時々見かけます。
彼らの力を積極的に借りて、スムースに会社を設立したいものですね。